ゴルフの基本ルール【グリーン編】

グリーンはそのホールの最後のショットを打つ大事なエリアであるため、他エリアよりも慎重かつ丁寧にプレーされます。迷惑をかけないようグリーン上のルールはしっかり覚えておきましょう。

グリーンとは?

グリーンとは芝が短く刈られたカップが設けられているエリアを指し、パッティンググリーンとも呼ばれます。各ホールの最後のショットを行う大切なエリアで、芝がキレイに手入れされています。

グリーンの周りにはカラーと呼ばれる、30~50センチ幅のグリーンより長く、フェアウェイより短く刈られたエリアがあります。カラーはグリーンの外にボールが転がり出るのを防ぐために設けられたエリアで、カラーの上にボールが転がってもグリーンオンとはみなされませんが、少しでもグリーンとボールが接していればグリーンオンとなります。

グリーンでの禁止事項

2019年ルール改正により、グリーン上のプレーに影響する損傷個所(スパイクマークなど)は無罰で修復できるようになりました。グリーン上では少しの凹みや振動がカップインを左右します。グリーン上はルールと言うよりマナーに厳しいエリアなので、同伴者の失礼に当たらないように以下の点に注意しましょう。

走ったり、飛び跳ねたりしない

グリーン上は他の芝に比べて繊細で、勝負を左右する大事なエリアです。少しの芝の状態でもボールの軌道がかわってしまいますので、走ったり、嬉しくて飛び跳ねたりしないように気をつけましょう。その他にも芝を傷つけるような行為は厳禁です。

パッティングラインを踏まない

パティングライン(パットライン)はボールからホール(カップ)までの想定ラインのことを言います。このパットラインを踏むと2打罰のペナルティが課されます。他プレーヤーだけでなく、自分のパットラインを踏んだ場合も同じく2打罰となりますので、注意しましょう。踏むだけでなく、手で芝を触ったり、跨いだりするのも禁止です。

グリーン上にクラブは置かない

グリーン上にクラブや抜いたピンを置くとグリーンに傷をつけたり、ボールが当たってしまう可能性があります。クラブ等を置くときは、フェアウェイやグリーンエッジ(カラー)に置くか、カートまで持って行くのが安心でしょう。

グリーン上の基本ルール

グリーン上ならではのルールがいくつか存在します。グリーン上のルールは2019年のルール改正で変更された点が多く、経験者の中には新ルールを知らない方も多くいらっしゃいます。

スパイクマークなど損傷個所は修復しても良し!

旧ルールではボールマークのみ修復可能、スパイクマークなどの修復は禁止されていましたが、新ルールからボールマークに限らず、スパイクマークなどほとんどの損傷が修復可能となりました。ただし、エアレーションの穴や散水、雨などで生じる損傷は修復不可で、修復してしまうと2打罰となります。

マークをすればボールを拾い上げてもOK

グリーンに乗ったボールはマークをして拾い上げ、ボールをキレイにすることができます。拾い上げる時はボールの真後ろに正しくマークする必要があります。もし、マークする前にボールを拾ってしまった場合は1打罰のペナルティが課されます。

旧ルールではキャディが拾い上げる時はプレーヤーの承認が必要でしたが、新ルールではキャディが勝手にボールを拾い上げてもOKとなっています。

リプレース後にボールが動いた場合は無罰で直せる

旧ルールではリプレース後にボールを動かした場合は1打罰でしたが、新ルールではリプレース後にボールが自然に動いたり、うっかり動かしてしまった場合は無罰で元に位置へリプレースできるようになりました。もし、拾い上げていないボールが風など自然の力で動いた場合は動いた場所からプレーします。
※リプレース…ボールを元あった場所に戻すこと。

旗竿を抜くか、抜かないかを選択できる

2019年新ルールから旗竿(ピン)を立てたままパッティングし、ボールが旗竿に当たっても無罰となりました。(旧ルールは旗竿にあたると2打罰)これまで通りに誰かに旗竿に付き添ってもらい、ボールがプレーされた後で旗竿を抜いてもらうことも可能ですが、旗竿を抜くか、抜かないかはストロークを行う前に決める必要があります。
※ストローク…ボールを正しく打つ意思を持ってクラブを振る動作のこと

カップの底まで落ちていなくてもカップイン

旗竿を立てたままのパッティングが可能となったため、旗竿とカップにボールが挟まるケースが多くなると考えられます。旧ルールではカップの底までボールが入っていないとカップインとみなされませんでしたが、新ルールではボールの一部がグリーン面より下にあればカップインとみなされます。